SOMPOで乗―るは外車もリース可能!他のカーリースとの特徴比較まとめ

SOMPOで乗―るのトップ画像イメージ

イガラシ
イガラシ

こんにちは

カーディーラー元店長のイガラシです。

自動車を購入せずに長期間乗り続ける「カーリース」というサービス、だいぶ一般的になってきましたね。

様々な企業がカーリース業界に参入してきており、そのサービス内容や特色もさまざまです。

さて、今回はそんなカーリース各社のなかから、カーリース大手「SOMPOで乗―る」の解説をしていこうかと思います。

SOMPOで乗―るとは

「SOMPOで乗ーる」はSOMPOホールディングス株式会社と株式会社ディー・エヌ・エーの共同出資会社、「株式会社 DeNA SOMPO Carlife」が運営しています。

SOMPOホールディングス株式会社と株式会社ディー・エヌ・エーはいずれも東証一部上場している企業です。

株式会社ディー・エヌ・エーはモバイルゲームの開発や配信、SNSの運営などを行っているIT企業です。横浜DeNAベイスターズの運営でも有名ですよね。

SOMPOホールディングス株式会社は、損害保険会社大手で、いわゆる「三メガ損保」と言われる大企業です。

この二つの企業が共同出資した株式会社 DeNA SOMPO Carlifeが運営しているため、IT企業と損害保険会社の強みを活かしたサービスを受けることができます。

特に保障内容が充実している点は嬉しいですね。

また、タイトルでもお伝えした通り、取り扱い車種数がとにかく豊富なのも「SOMPOで乗―る」の特徴のひとつ。

輸入車・高級車・不人気車まで、SOMPOで乗―るが全カーリースの中で一番、幅広く取り揃えています。

もし、乗りたいとお考えのクルマがマイナー車種の場合は、SOMPOで乗―るが救世主となるかもしれません。

SOMPOで乗―るの評判

それでは、SOMPOで乗―るの利用者の声を見てみましょう。

専任の担当者が付いてくれて安心できた

メンテナンスプランがしっかりしてるのが決め手でした

欲しいクルマが不人気車で、他社ではなかったのでSOMPOで乗―るに用意があって助かりました。サポートもあってスムーズでした

外車が選べるのはスゴイと思いました

保険の等級がまだ高く、任意保険つきのカーリースを探していたのでちょうどよかったです。任意保険をリース料金に組み込めるのはおそらくSOMPOで乗―るだけかと

イガラシ
イガラシ

トヨタ公式カーリース「KINTO」も任意保険コミです。

ただ、トヨタ車しか選べません

まだエニカを利用するかは未定ですが、人に貸し、カーシェアで維持費を下げられるかもしれないというのはSOMPOで乗―るだけの利点かと思います

やはり、選べる車種が多いこと、メンテナンスなどのアフターフォローが充実していること、任意保険もコミコミが嬉しい、という意見がとても多かったです。

また、少数ではありますが、エニカについて言及する利用者もいらっしゃいました。

エニカ(Anyca)はSOMPOで乗―ると同様、DeNAとSOMPOが共同運営するカーシェアサービスです。

アプリを使用して、人にクルマを貸し出し、お金を得ることができます。

ふつう、カーリースではクルマの所有権はリース会社にありますから、カーリース契約者は他人にクルマを貸し出しできません。

しかし、SOMPOで乗―るなら、エニカでの副業を認めていますので、使わないときはエニカで人に貸すことで維持費を実質的に下げることができるわけですね。

詳しくは以下のページから(ページ下部の「「SOMPOで乗ーる」の特徴」⇒「もっと詳しく」から見れます。)

SOMPOで乗―るの良い特長、メリット

それでは、SOMPOで乗―るについての評判を確認したところで、SOMPOで乗―るの特徴やメリットについて、詳しく見ていきましょう。

上でも挙げた通り、「SOMPOで乗ーる」には他社のカーリースサービスと比べ、多くのメリットがあります。

主に以下の通りです。

  • 初期費用0円でずっと定額!
  • 取り扱い車種がとにかく豊富
  • ずっと乗り続けれる?期間満了後の選択肢がある!
  • 損保ジャパンの代理店が運営しているからトラブルに強い
  • 車を使わないときは「Anyca」を使って維持費を軽減!
  • 走行距離制限の自由度が高い
  • 試乗ができる

初期費用0円でずっと定額!

カーローンでの購入であれば、毎月の支払い以外にも、最初に頭金や初期費用を支払う必要があります。

さらに定期的にメンテナンス代、車検代、税金などの出費もかかってきますよね。

なので毎月の出費以外にも、上記の費用を支払えるように貯蓄しておく必要があります。

ですが「SOMPOで乗ーる」のようなカーリースサービスであれば、定期的にかかる出費も月々の料金に入っているので、毎月の支払いはずっと定額です。

また、SOMPOで乗―るの場合、車に頻繁に乗る方向けの「メンテナンスプラン」が用意されています。

バッテリーの交換、タイヤの交換費用、消耗品の交換、代車といった費用もメンテナンスプランに加入していれば追加費用なしで出来るようになるのです。

また、突然の故障時もご安心ください。

SOMPOで乗―るは新車での提供ですから、メーカーの新車5年保証を受けられます。

ですので、5年までの大抵の不具合はディーラーで対応してもらえます。

また、SOMPOで乗―るなら、メーカー保証が切れたあとに、代わりとなる独自の保証に加入できる「安心乗ーるプラス」というプランもあります。

これは長期間、たとえば7年や10年、同じ車をリースしたいという方向けの保証ですね。

他のカーリースサービスと比べ、このような保証プランが多いのも「SOMPO乗ーる」の特徴でしょう。

取り扱い車種がとにかく豊富

カーリースはレンタカーやカーシェアと違い、多くの車種のなかから車を選ぶことができます。

ただし、それは「比較的多い」という話で、カーリースで用意されているクルマは「人気の日本車」がほとんどです。

あまり人気のない日本車や外車はラインナップに無く、そもそも選べないというのが多くのカーリースの現状です。

しかし、SOMPOで乗―るは違います。

「SOMPOで乗ーる」であれば、なんと外車もリースできますし、街中でぜんぜん見たことない、人と被ることがないレア車にも乗ることができます。

主要な日本車メーカー以外にも、レクサス、メルセデス・ベンツ、BMW、フォルクスワーゲン、アウディ、ジープ、ボルボ、プジョー、ルノー、フィアット、ジャガー、アルファロメオ、シトロエン、スマート、ランドローバーといった多くの外車がラインナップしています。

もちろんトヨタ、日産、ホンダ、マツダ、スバル、三菱、ダイハツ、スズキなどの国産車も選ぶことができます。

またグレードやカラー、オプションも自由に選択できます。

「SOMPOで乗ーる」であれば、車種やボディカラーに縛られず、自由に、自分の好きな車に乗ることができるのです。

メンテナンスのオプションが充実している

イガラシ
イガラシ

SOMPOで乗―るには、メンテナンスのオプションが2つあります

ひとつは「いつでも乗ーる」プラン。

これは車検や法定点検、オイル交換といった基本のメンテナンスに加えて、下記の不具合にも対応するものです。

エンジンの点検整備 / ギアの点検整備 / ブレーキの点検整備 / エアコンの点検整備 / ワイパーゴム等の消耗品交換 / バッテリー交換 / その他一般整備 / 代車の手配 / 夏冬タイヤの交換

さらに、「いつでも乗ーる」なら「安心乗ーるプラス」が自動で付いてきます。

これは、契約から5年が経ち、メーカー保証が切れた場合でも、同等に近い修理メンテナンスを保証するもの。

また、メーカー保証以外の不具合にも対応します。

もうひとつのメンテナンスオプションは「たまに乗ーる」プラン。

これは「最低限のメンテナンス内容で構わない」という方向けのメンテナンスパックです。

車検時の費用や定期点検、オイル交換費用をコミコミにできるというものですね。

「いつでも乗ーる」のような手厚い不具合対応はありません。

ずっと乗り続けれる?期間満了後の選択肢がある!

クルマを実際に手にして、乗っていると、だんだん愛着がわいてきて「乗り換えたくない」と思うことってありますよね。

しかし、一般的なカーリースでは契約期間満了後、車は返却するのが基本です。ずっと同じ車に乗り続けることはできません。

「SOMPOで乗ーる」なら、そういった心境の変化にも臨機応変に対応できるようになっています。

というのも、「SOMPOで乗ーる」なら契約終了後「返却する」「契約期間延長する」「買取する」など幅広い選択ができるのです。

また「残価設定オプション」に加入すると、乗り換え時や返却時の清算も不要になります。

損保ジャパンの代理店が運営しているからトラブルに強い

「SOMPOで乗―る」は全国1500店以上ある『損保ジャパン』が運営しています。

万が一のトラブルがあったときにも、損害保険会社の経験とノウハウがありますので、安心して契約できます。

また、全国に代理店があることも強みです。

単身赴任などで引っ越したとき、変わらずにサービスが受けられるので、万が一のトラブルにも対応してもらえます。

車を使わないときは「Anyca」を使って維持費を軽減!

SOMPOで乗―るなら、株式会社 DeNA SOMPO Mobility が運営するカーシェアサービス「Anyca (エニカ)」に、車両を登録することができます。

他社カーリースでは考えられないようなサービスですが、運営会社が同じということもあり、実現が可能となりました。

「Anyca」はアプリに登録している車両を個人間でシェアできるようなカーシェアサービスです。

業者などが間に立ち入る事がないので、気楽に車をシェアすることができます。

「Anyca」でクルマを貸し出した場合の収入平均は、月々11,000円とのこと。

月々のカーリース料金が約36000円だとすると実質リース代金は約25000円ほどになる計算です。

自分が使わないときだけ貸し出すことで、費用がこれほど浮くなら非常に魅力的ですよね。

他社にはないサービスですので、これはかなりおすすめです。

※詳しくは以下のページから(ページ下部の「「SOMPOで乗ーる」の特徴」⇒「もっと詳しく」から見れます。)

走行距離制限の自由度が高い

他社のカーリースと同様に、SOMPOで乗―るも契約時に走行距離制限を設定します。

一般的に、この距離を超過すると「1kmにつき○○円」というような距離に応じた違約金を支払わなければいけません。

距離が大幅にオーバーしてしまうと、高額な違約金を支払わなければならない場合もあります。

しかし、「SOMPOで乗ーる」では走行距離を月々1000km、1500km、2000km、3000kmの4パターンから設定できます。

他のカーリースでは1000kmや1500km固定の場合が多いので、ご自身の使用状況に応じて制限距離とプランを決められるのは大きなメリットと安心に繋がります。

試乗ができる

カーリース各社では試乗できない会社も多いです。

しかし、契約前に実際に運転して確かめたい・納得したいという方も多いはず。

SOMPOで乗―るでは、実際にクルマに乗ってみて、自分の希望に合うかどうか判断することができます。

事前に試乗できるというのもSOMPOで乗―るの大きなメリットと言えます。

SOMPOで乗―るのデメリットや注意点

では気になるデメリットや注意点についても確認しておきましょう。

以下のデメリットの多くは、他社のカーリース各社にも共通して言えることが多いですが、SOMPOで乗―るにも当てはまります。

契約年数の選択肢がやや少ない

「SOMPOで乗ーる」は契約年数が3年、5年、7年の3種類から選びます。

3種類のなかから選ぶので、「〇年だけ契約したい!」と限定して契約したい方にはあまり向いていません。

また他社には1年から契約できるカーリース会社や、11年間契約できるカーリース会社が存在します。

そのような会社に比べると、契約期間に関しては自由度はそこまで高くはありません。

ただ、契約期間満了時に買取すればそのまま乗り続けることは可能ですし、契約の延長も可能です。

契約期間について不安な方は専任の担当者へ相談してみてもいいかもしれませんね。

イガラシ
イガラシ

専任担当者への相談は公式サイトから可能です。

中途解約が原則できない

他社のサービスの多くもそうですが、「SOMPOで乗ーる」は原則としてリース期間中の中途解約ができません。

やむを得ない状況であれば解約こそは認められますが、それでも違約金を支払う必要があります。

解約金とは、まだ済んでいないリース代金の残りの金額です。

タイミングによっては、かなりの金額の違約金を支払う必要があります。

将来的に解約する可能性が高い方は「SOMPOで乗ーる」はあまり向いていないと言えます。

その場合、解約に寛容な「リースナブル」を検討すると良いでしょう。

リースナブルの詳細記事はコチラ

返却時、清算が必要?

これも他社のカーリースと同様ですが、返却時の車の状態によっては清算金が必要となるケースがあります。

契約時には、あらかじめリース終了時の査定額を予想し、残価を設定します。

ですが、リース車両にキズやへこみ、車内の汚れなどのダメージがある場合、車の査定額が残価を下回る場合があります。

その場合は下回った分の差額料金を追加で支払う必要があるということです。

あくまでも所有者はカーリース会社で、契約期間満了後には返却しなければいけないということを意識し、できるだけキズをつけない、汚さない、勝手にカスタムしないよう、心がけると良いでしょう。

リース料金がほんの少し高め

人気車種以外も扱っているのがSOMPOで乗―るの強みですが、他の価格勝負系カーリースと料金を比較した場合、やや分が悪いというのが実際のところです。

たとえばアルファードやハリアーといった国産の人気車種は「リースナブル」でも扱っています。

取り扱い車種とグレードを絞り、サポートも最低限、といった上記カーリースと比べると、料金の単純比較ではSOMPOで乗―るは負けています。

リースナブルの詳細記事はコチラ

SOMPOで乗―るの契約から納車まで

SOMPOで乗―るでの契約を考えた場合の流れは以下の通りです。

  1. 問い合わせ
  2. クルマを選ぶ
  3. 審査
  4. 契約
  5. 納車

1.問い合わせはSOMPOで乗―る公式サイトの問い合わせフォームや「無料相談」のボタンから行えます。

後日、専任担当者から折り返しの連絡がありますから、その際に検討中の候補や希望、細かい確認事項のすり合わせなどを行います。

2.次に実際にクルマを選び、見積もりの確認や試乗を行います。

3.クルマやボディカラー、オプション、プランが決まり、契約内容が固まったら審査へと進みます。

審査内容は非公開ですが、そこまで厳しい審査ではないとのウワサです。

もともと、クルマの場合は現物の自動車が担保として存在するので、審査はゆるいほうですし、カーリース会社としても審査に通らないとお金にならないので、銀行でお金を借りるような難しさではありませんから安心してください。

4.審査に通過すると、実際に契約書に捺印し、いくつかの書類を準備し郵送。

契約が締結されます。

5.その後、ディーラーにて納車が行われ、晴れてクルマが手元にやってきます。

SOMPOで乗―るがオススメのひと、選ぶべき理由

今回はカーリースサービス「SOMPOで乗ーる」についてまとめました。

特徴としては、大手損害保険会社が運営しているため、メンテナンスプランなどが他社のカーリース会社と比較してかなり充実しています。

クルマという高額なものを長期間リース契約するわけですので、保証が充実しているのは安心ですよね。

また「SOMPOで乗ーる」独自のサービスとして、カーシェアサービスの「Anyca」を使い、車を使用していないときは人に貸し出すことで毎月の維持費を軽減することができます。

他のカーリース会社では実現できないサービスですので、維持費を削減する作戦としてとても魅力的です。

もちろん、大きな特徴の一つである「車種とグレードが豊富」というのも忘れてはいけません。

ではこの記事の総括として、「SOMPOで乗―る」をオススメできるひと、避けるべきひとについてまとめてみます。

SOMPOで乗―るがオススメな人

  • 手厚い保証で安心したい人
  • 人と被らないクルマに乗りたい人
  • 使わないときは人に貸して維持費を抑えたい人
  • 毎月の費用を一定額にしたい人
  • 3~7年ほど乗るつもりでいる方

「クルマを購入するより安く乗りたい、だけど安心感も重視したい」そんな方向けのカーリースがSOMPOで乗―ると言えるでしょう。

まずは公式サイトでご自身のご検討されているクルマが月々いくらで乗れるのか、確認してみてくださいね。

SOMPOで乗―るをオススメできない人

  • 人気の車種に安く乗りたい人
  • カスタムしたい人
  • 保証やメンテナンス費用を極力削りたい人
  • 10年以上乗りたい方

他のカーリースで扱っているような人気車種に乗りたい、保証やメンテナンスも最低限で良い、という方は「リースナブル」がオススメです。

サポートが手厚くない分、単純比較でリースナブルのほうが料金が安いですからね。

また、10年以上乗りたい方は、カーローンか、長期間リースで最後にクルマを入手できる「マイカー定額カルモくん」または「MOTAカーリース」を検討しましょう。

上記ふたつのカーリースは契約期間満了時にクルマをそのまま貰えるオプションがあります。

特に「おトクにマイカー 定額カルモくん」は専任担当者の評判も良いですし、月々の料金も安く、メンテナンスパックも付帯できるので、個人的にもとてもオススメです。

さて、ここまでSOMPOで乗―るのリース内容や評判、特徴についてご紹介しました。

参考になったなら嬉しいです。

まずは、ご自身の検討されている車種が実際、いくらで乗れるのか、公式サイトから確認してみるといいでしょう。

イガラシ
イガラシ

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました